• 京都整理収納サービス|整理収納からはじまるあなたらしい暮らし

こんにちは。

らしさデザイン・Laboの日浦弘子です。
夏が過ぎたな・・と思っていたらもう10月中旬に差しかかろうとしています。
この調子では、きっとあっという間に今年も終わってしまいそうですね。

先日、キッチンの換気扇のお掃除をしました。
だいたいこういう時間のかかるお掃除作業はスケジュールを決めてやっていますが、
今回は連休で少し時間ができたので前倒しでやることにしました。
以前に一度クリーニング業者さんにお願いしたことがありました。
私へのご褒美!とか思って・・・しかし割高!それでホテルのディナーにだっていけるんですもの。
大きな清流板をはずしたりする時には注意が必要なのですが、コツさえわかれば
やることはそんなに難しくないので最近は自分でやることにしています。

お掃除にはなんでもそうなのですが前準備が大事です。
ゴミ袋、新聞、ドライバー、ゴム手袋、雑巾・雑布、洗剤〔セスキ洗剤は振り掛けて時間をおくと油汚れも浮かせてくれて扱いやすいしキッチン回りに噴霧しても安全性が高いので安心〕など。
落としたい汚れにあわない洗剤を使っていると時間もかかり疲れてしまいます。
そして、もう二度といやだやりたくない!と思ってしまう原因にもなりかねませんから洗剤選びは重要なことです。
ふき取る時には、古くなって着られなくなったTシャツなど予めカットしておいたものや、使い古しで変色した布巾など使います。
使い捨てなのでそのままゴミ箱にぽいと捨てられますし、モノを減らすのにも役立ちます。
そうそう、小さなねじを外していれるお皿も準備しています。
bghoiy

換気扇のお掃除のコツはまだ綺麗な間にやることです。
油がコテコテについてからでは大変な労力が必要になってきます。

私は年末に慌てて油がギトギトの換気扇と闘うなんて真っ平ごめんなんです。
本来とても面倒くさがりやの私はできるだけ楽をすることのできる選択をしています。
住宅建築のプランナーとしては、お客様が基本キッチンを新調するときの重要ポイントに、
お手入れしやすい換気扇をお選びになるように声を大にしてお伝えしています。
最近はほとんどねじも外すことなく力も要らずお手入れできるものだってあるんです。
こちらも楽の選択のひとつ!!
人生はいつも選択の連続。楽にできるように何を選択するのかはこのセミナーを聴きにきてください。
主婦暦37年あの手この手で子育て介護、仕事を持ちながら家事をやってきたことをご披露させていただきます。

詳細はチラシをご覧ください。
お申し込みは、メールもしくは電話にて。
IMG_8830